春ちゃん、その後…。

小郡市内で保護した春ちゃん。

警察署、保健所、市役所に届を出していますが、未だお迎えがありません。

春ちゃんは、保護した時には既にお腹が大きく…。

不妊手術をしなければと思い、警察署の方に確認したら、「所有権が移る迄は何もしないで下さい。」と言われました。

猫を増やしたくない。

しかし、だからと言ってルールを破る訳にはいきません。

そして春ちゃんは、4/14に出産しました。

4匹産んでいたそうなのですが、スタッフが出産に気付いた時には既に1匹亡くなってしまっていたそうです。

小さな小さな体です。

火葬しても殆どお骨が残らないので、ボランティアさんがお庭に埋葬して下さいました。

子猫は、三毛猫、ベージュ、キジ。

みんな丸々していてかわいいです。

春ちゃんの不妊手術は、所有権が移ってから行います。

有り難い事に、手術代を餌やりさんお二人で出して下さいます。

もちろん、飼い主さんが見つかれば飼い主さんにご負担頂きますが…。

春ちゃんの飼い主さん、早く迎えに来てあげて下さい。

子猫達は、離乳後里親募集を開始します。

気になる方は事前にそ〜っと面会出来ますのでお問い合わせ下さい。

最後に、ご寄付・ご支援下さっている方、御礼が遅れておりまして大変申し訳ございません。

↓↓5/9に撮影した仔猫達の様子です。

NPO法人さくらねこサポートOGORI

コメント

タイトルとURLをコピーしました