ご報告

1/15付で当団体は、久留米市北野町のシェルターを離れる事になりました。

今後シェルターは、オーナー様を中心として新規に“ねこ善” という任意団体を立ち上げ運営されます。

今後のお互いの活動のすり合わせ等に時間を要し、皆様へのご報告が遅れました事誠に申し訳なく思っております。

また、一部で当団体が「シェルターを捨てた」「シェルターの保護猫達を見捨てた」等という噂が流れているとの事でとても心を傷めています。

今後の両団体の活動に支障が出るといけませんのでこの場をお借りしてはっきりとお伝えします。
事実無根です。

私達は、シェルターを辞めたい等一度も申しておりません。
シェルターにいる保護猫達を最後の1匹まで責任を持って守っていく覚悟でした。
この覚悟について、ねこ善の主要メンバーの皆様へ直接お伝えしましたが、「自らで活動したい」とのお気持ちは固く、私達は保護猫達の今後の為にやむ無く離れる決断をしました。

今後も間接的にはなりますがシェルターに残った保護猫達が一日も早く幸せを掴める様お手伝いしたいと思います。

次に、当団体の今後の活動方針をご説明させて頂きます。

前述の通り、シェルターを持たない団体となります。
主な活動は、TNRと譲渡会です。
キャパに余裕がある時は保健所からの引き出し、多頭飼育先からのレスキューも行う予定です。
メンバーと預かりボランティアさんの自宅で保護をします。

今まで思うように出来なかった個人の保護主さん達へのサポートにも力を入れたいと考えています。

法人を解散することも考えましたが、引き続き「NPO法人さくらねこサポートOGORI」として活動することにしました。
私達の活動に賛同して下さっている方々にご相談をさせていただいたところ、多くの猫達を救うためには法人のまま活動を続けた方が良いのではないかというアドバイスを頂いた為です。

長くなりましたが、以上が経緯となります。

今後とも「ねこ善」さんと「NPO法人さくらねこサポートOGORI」をどうぞ宜しくお願い申し上げます。

NPO法人さくらねこサポートOGORI